お口に合った入れ歯は快適に使用できます

歯を失ってしまったときの補綴(ほてつ)治療として、もっとも歴史が長く一般的なのが入れ歯義歯)治療です。外科手術の必要がなく、治療が比較的かんたんで、そして治療期間も短めなうえ、保険診療の入れ歯を選択すれば比較的安価で歯の機能を回復することができます。お口にぴったり合っていて咬み合わせが整っている入れ歯は快適に使用可能です。

合わない入れ歯で我慢していませんか?

合わない入れ歯で我慢していませんか?

つくったばかりのころは問題がなくても、しばらくすると入れ歯が合わなくなることがあります。それはお口の中が変化するからです。合わない入れ歯を無理に使用しているとストレスを感じます。また強くあたる部分ができるとそこが腫れてしまうこともあります。お口の中を傷つけてしまうだけでなく、顎や顎関節にも過度の負担をかけてしまうことがあるので注意が必要です。入れ歯を使うようになっても定期検診を活用し、必要に応じて調整や修理を受けましょう。

専属の歯科技工士があなたにぴったりの入れ歯をつくります

専属の歯科技工士があなたにぴったりの入れ歯をつくります

お口の中の治療を行うのは歯科医師ですが、入れ歯を作製するのは歯科技工士です。千葉県我孫子市本町の歯医者「ブライト歯科クリニック」では専属の歯科技工士が入れ歯を作製しています。患者さまのお口の状態を直接確認できるので、より精度の高い入れ歯をつくることができますので、ご要望がありましたらお気軽にお声がけください。

保険と自費の入れ歯の違い

入れ歯には「保険診療」と「自費診療」の入れ歯があります。大きな違いは保険診療の入れ歯は素材や作製方法に限定があり、自費診療の入れ歯はさまざまな選択肢があることです。そして保険診療の入れ歯は治療費の負担が一部で済むので、比較的安価に治療が受けられます。

保険診療の入れ歯保険診療の入れ歯 自費診療の入れ歯自費診療の入れ歯
見た目 素材や作製方法が決まっているので
見た目が不自然になることがあります
天然歯に近い色や形の再現が可能です
素材 レジン(歯科用プラスチック)のみで、部分入れ歯の場合は金属のバネが
つきます
金属やシリコンなどさまざまな選択肢があります
装着感 厚みがあるので違和感があります 使用素材により装着感の改善が可能です
耐久性 プラスチックなので
強度は高くありません
耐久性が高い素材を選ぶことができます
咬み心地 咬む力が伝わりにくく、
硬い物が咬みにくいことがあります
しっかり咬めるように
つくることができます

取り扱い入れ歯の紹介

レジン床

レジン床

保険診療の入れ歯です。レジン製の入れ歯で、部分入れ歯の場合は残っている歯に金属のバネをかけて入れ歯を固定します。ある程度の厚みが必要なので装着時に違和感があり、食べ物の温度も伝わりにくい素材です。しかし比較的短期間での作製が可能で、治療費も比較的安価で済みます。

金属床

金属床

歯ぐきにあたる「床」部分に金属を使用した自費診療の入れ歯です。レジンよりも薄くつくれるので、違和感が少なく、食べ物の温度も伝わりやすいのが特徴です。強度が高く、雑菌が繁殖しにくいので比較的衛生的です。ただし、金属アレルギーの心配があります。

スマイルデンチャー・ナチュラルデンチャー

スマイルデンチャー・ナチュラルデンチャー

入れ歯を固定するための金属のバネがない自費診療の部分入れ歯です。特殊な半透明の樹脂でできていてフィット感があり、見た目もより自然です。咬み心地も比較的よい入れ歯です。

インプラントデンチャー

インプラントデンチャー

2~6本のインプラント(人工歯根)を顎の骨に埋め込み、それを支台にして固定する自費診療の入れ歯です。しっかり固定されるので外れにくく、硬い物でも咬むことができます。固定装置が見えないので見た目も自然です。インプラントを埋め込む本数が少ないので、セラミックの人工歯を装着するより費用を抑えられます。

シリコンデンチャー

シリコンデンチャー

歯ぐきにあたる部分に生体用シリコンを使用した自費診療の入れ歯です。グッと咬みしめられるので、硬い物でもよく咬めます。吸着しやすいので外れにくく、入れ歯と歯ぐきの間に食べかすなどがはさまりにくいのも特長です。

正しいお手入れで入れ歯を長く保ちましょう

正しいお手入れで入れ歯を長く保ちましょう

お口の中に装着する入れ歯を快適に長く使うためには毎日のケアが大切です。いくつかの点に注意してお手入れしてデリケートな入れ歯を長持ちさせましょう。

注意点1いつも清潔を保ちましょう 注意点2乾燥させてはいけません
入れ歯のお手入れには、入れ歯専用のブラシと洗浄剤を使いましょう。研磨剤は入れ歯を傷つけてしまうので歯みがき粉や歯ブラシは使わないようにしましょう。 入れ歯は乾燥に弱いので、外しているときは水に浸しておきましょう。変形を避けるため熱いお湯にも注意が必要です。
注意点3やさしく取り扱いましょう 注意点4定期検診を受けましょう
入れ歯は衝撃に弱く、落としたりすると割れてしまうことがあります。洗浄の際や、入れ歯の取り外しの際には気をつけましょう。 入れ歯を長く快適に使用するためには定期的なチェックが必要です。定期検診を受けて、調整や修復をしてもらいましょう。

千葉県我孫子市のブライト歯科クリニック(電話番号047-185-4618)インターネット診療予約はこちらです

自費治療

診療案内
一般歯科
予防歯科
インプラント
矯正歯科
歯周病治療
審美歯科・ホワイトニング
入れ歯治療
上に戻る