自分の歯のような咬み心地と見た目を

インプラント治療は、顎の骨にインプラント(人工歯根)を埋め込み、そこにセラミック製の人工歯や特殊な入れ歯を装着して、歯の大切な機能を補う治療です。千葉県我孫子市本町の歯医者「ブライト歯科クリニック」では失ってしまった歯を補うためのインプラント治療を認定医でもある理事長が中心となって行っています。

安心・安全のインプラント治療のために

安心・安全のインプラント治療のために

外科手術を必要とするインプラント治療を安全に行うためには、精密な診断が必要不可欠です。そのために当院では歯科用CTを駆使し、患者さまのお口の状態を詳細に調べ、綿密な治療計画を立てます。そして3D立体画像で、治療計画を患者さまにわかりやすくご説明します。患者さまご自身が症状やこれからの治療について把握できるので、漠然とした不安がなくなります。積極的に治療に臨んでいただけるので、よりよい結果が得られるのです。

インプラント手術の際は、歯科用CTで得たデータを基に「サージカルガイド」を作製します。これによりインプラントの埋入位置や角度、深さなどを治療計画通りに再現できるので、精確な手術が可能になり、また手術時間の短縮にも役立ちます。当院理事長はインプラント認定医です。専門知識と豊富な経験をいかし、治療を行っています。

他院でインプラント治療がうまくいかなかった方へ

他院でインプラント治療がうまくいかなかった方へ

インプラント治療を受ける方の数は年々増加しています。まるで自分の歯のような咬み心地や自然な見た目の回復が期待できる治療法ですが、トラブルも報告されています。トラブルが起こるのには原因があり、その多くが診断ミスだと考えられます。正確な診断を行うためには精密な検査が必要です。インプラントを埋め込む部分の顎の骨の状態や、まわりの歯の状態などあらゆることをしっかり把握していれば、安心で安全で機能的なインプラント治療ができるのです。

当院では、他院でインプラント治療を行ってうまくいかなかった場合の治療も行っています。インプラント治療においてお困りのことがありましたら、まずはご相談ください。

「骨量が足りずインプラント治療できない」と診断された方へ

インプラント治療では顎の骨にインプラント(人工歯根)を埋め込むために十分な骨の量が必要です。足りない場合は、まず骨量を増やす必要があります。当院では「再生療法」を併用したインプラント治療を行っています。

サイナスリフト
  • サイナスリフト
  • 矢印
  • サイナスリフト
  • 矢印
  • サイナスリフト

上顎の奥歯部分にインプラントを埋める際、骨の厚みが足りない場合や数本の歯を失っている場合には、まず骨移植を行って、骨がしっかりできてからインプラントを埋入します。手術は歯ぐきの側面から行います。

ソケットリフト
  • ソケットリフト
  • 矢印
  • ソケットリフト
  • 矢印
  • ソケットリフト

上顎の奥歯部分の骨が少し足りない場合は、インプラントを埋める穴から骨補填材(こつほてんざい)を埋めて、上顎洞(じょうがくどう)と呼ばれる空洞を覆う膜を押し上げ、インプラントを埋入します。

GBR法
  • GBR法
  • 矢印
  • GBR法
  • 矢印
  • GBR法

顎の骨の薄いところに「メンブレン」という特殊な膜を設置し、そこに自家骨(細かく砕いた自分の骨の一部)または骨補填材を注入し、骨の再生を促進させます。増やす骨の量がさほど多くない場合は、インプラント埋入手術と同時にGBR法を行います。

当院インプラントの特徴

All-on-4(オールオンフォー)

当院は、インプラントで世界的にも権威のある、Dr.PauloMalo(パウロ・マロ)の運営するマロ・クリニックの提携クリニックです。そのマロ・クリニックによって開発されたAll-on-4は、4本のインプラントで最少8本の歯を1日で入れることが出来ます。

他院にて骨移植が必要、インプラントは困難と診断された方などでも1日でインプラント治療を受けることができる可能性が得られるため、お気軽にご相談ください。

  • All-on-4(オールオンフォー)(1)
  • All-on-4(オールオンフォー)(2)
SMOP(インプラントガイドシステム)

SMOPとは、インプラントを埋入する際のCT診断によるシミュレーションを口腔内で再現できるインプラントガイドシステムのため、正確な埋入が行えます。また、このインプラントガイドシステムにより、切開や抜歯の必要が無いフラップレス手術が可能なため、患者様の負担が大いに軽減されます。

  • SMOP(インプラントガイドシステム)(1)
  • SMOP(インプラントガイドシステム)(2)

インプラント治療の流れ

インプラント治療にはいくつかの種類があります。患者さまのお口の状態によりどのインプラントを使い、どのように手術するのかを決定するのです。こちらでは典型的なインプラント治療の流れをご紹介します。

STEP1
歯ぐきの切開
STEP2
ドリリング
STEP3
インプラント埋入
歯ぐきの切開 ドリリング インプラント埋入
麻酔後、歯ぐきを切開し、顎の骨を露出します。 専用のドリルでインプラントを埋めるための穴をあけます。 インプラントを埋入し、その上を歯肉で縫合します。
STEP4
治癒期間
STEP5
アバットメント装着
STEP6
人工歯装着
治癒期間 アバットメント装着 人工歯装着
インプラントが顎の骨で安定するまで治癒期間を設けます。 歯ぐきを切開してインプラントと人工歯を接続するアバットメントを装着します。 歯肉の治癒を待って、人工歯や特殊な入れ歯を装着します。
インプラント治療後は定期的なメインテナンスをしましょう

インプラント治療後は定期的なメインテナンスをしましょう

インプラント体はチタンという安定した金属製なので虫歯になることはありません。しかし毎日のセルフケアを怠り、インプラントのまわりに汚れをためてしまうと、歯周病に似た「インプラント周囲炎」を起こしてしまいます。悪化させると顎の骨が溶かされ、せっかく手術したインプラントを失いかねませんので注意が必要です。

インプラントを長く保つためには、毎日のセルフケアとともに定期的な歯科医院でのメインテナンスが必要です。治療の終わりはメインテナンスの始まりでもあります。インプラントも含め、お口全体の健康のために定期検診を積極的に活用しましょう。

  • ブライト歯科クリニックのスタッフをご紹介します
  • インターネット診療予約はこちらですお電話は047-185-4618

自費治療

診療案内
一般歯科
予防歯科
インプラント
矯正歯科
歯周病治療
審美歯科・ホワイトニング
入れ歯治療
上に戻る